工事不要・おうち割も組める!ソフトバンクエアーはおすすめできる?

2020年7月28日

工事不要・おうち割も組める!ソフトバンクエアーはおすすめできる?2

工事不要で使えるWi-Fiで、光回線と同じくらい高速のネット回線を探している方はいませんか?

ソフトバンクエアー」はコンセントに挿すだけで簡単にインターネットに繋がるホームルーターで、各種キャンペーンも充実しているためオススメのインターネットです。

・「ソフトバンクエアーってよく聞くけど何?光回線と何が違うの?」
・「ソフトバンクエアーは何のキャンペーンをやっているの?」

この記事では上記のような疑問を持っている人へ向けて、ソフトバンクエアーの特徴やお得なキャンペーン、ソフトバンク光との違いなどについてご紹介します。

ソフトバンクエアー3つの特徴

ソフトバンクエアーとは、コンセントに挿すだけでWi-Fiが使える、自宅専用のホームルーターです。

まずはじめに、ソフトバンクエアーをよく知っていただくために3つの特徴についてまとめました。

工事不要でコンセントに挿すだけで使える

ソフトバンクエアーは光回線と違い開通工事が必要なく、コンセントに挿すだけでWi-Fiを使ったインターネット通信が可能になります。

これと言って難しい設定も必要ないため、光回線の工事には踏み切れない方にはもちろん、あまりインターネットが得意でない方でも安心して利用できます。

工事不要の良いところは、契約し手元にホームルーターが届いたらその瞬間からWi-Fiが使える点です。そのため、リモートワークやオンライン授業で急遽インターネット回線が必要になった方などにもオススメです。

Airターミナルの特徴

Airターミナル4 Airターミナル3 Airターミナル2
型番 B610h-70a B610s-77a B610s-76a
通信方式 4G方式:AXGP(2.5GHz)TDD-LTE (3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)
4G方式:AXGP(2.5GHz)
最大通信速度 最大962Mbps 最大350Mbps 最大261Mbps

ソフトバンクエアーを利用する際は、レンタルまたは購入で契約をして「Airターミナル」を利用します。

このAirターミナルは現在4世代目まで出ていて、使用するタイプによって大きく性能が変わります。その違いを記したのが上記の表になります。

注目なのが、4代目にあたる「Airターミナル4」では最大962Mbpsの高速通信が利用可能なところです(481Mbpsのエリアもある)。

ソフトバンクエアーはエリアによって最大通信速度が異なり、遅いほうから順番に261Mbps、481/350Mbps、962Mbpsと分けられます。現在契約すると、必然的に最新機種のAirターミナル4を用意されるため快適にWi-Fiを使えるのではないでしょうか。

「購入契約」「レンタル契約」から選択可能

ソフトバンクエアーの専用ルーターであるAirターミナルは、購入またはレンタルで使用すると紹介しましたね。

この項では端末代金や割引額について、もう少し詳しく見ていきましょう。

購入 レンタル
基本料金 4,880円
賦払金 1,650円×36回
レンタル料金 490円/月
月額割引 -1,080円/-580円
月額料金(12ヶ月目まで) 3,800~4,300円 5,370円

表で比較すると、レンタルするよりも購入したほうが安く感じられます。

ただ一つだけ注意したいことがあり、それは購入する場合は端末代金が36回分割支払いになっている点です。もしソフトバンクエアーの2年契約終了後、継続利用しない場合は、端末代の残債を後日支払わなければなりません。

レンタル利用で契約更新をしない場合は2年でさっぱり辞められますが、購入する場合は少し勝手が違うので、どちらにするかよく考えてから契約しましょう。

ソフトバンク光との違いを簡単解説

ソフトバンクというと、ソフトバンクエアーの他にも「ソフトバンク光」(光回線)があります。

この2つには具体的に以下のような違いがあるので確認してみましょう。

ソフトバンク光 ソフトバンクエアー
回線開通工事 あり なし
最大通信速度 1000Mbps 962Mbps
月額料金 戸建て:5,200円
マンション:3,800円
購入:4,880円
レンタル:5,370円
解約金 違約金9,500円
+
工事費残金
違約金9,500円
+
端末代残金

ソフトバンク光とソフトバンクエアーの最大の違いは「回線工事の有無」です。

光回線は開通工事が必要なため、工事費用がかかったり、使えるようになるまで時間がかかったりします。その一方でソフトバンクエアーでは回線工事が不要なため即日使用可能なのが良いですね。

また、見えない点での違いとしては、ソフトバンク光は全国規模ですでに普及しているNTT東日本・西日本のフレッツ光回線を用いています。提供エリアがかなり広く、使えない場所はほぼないと言っても過言ではないでしょう。

しかし、ソフトバンクエアーでは対応・非対応エリアがあったり、エリアによって通信速度が遅くなる可能性があったりします。

ソフトバンクユーザーはおうち割でスマホが毎月最大1,000円割引

ソフトバンクエアーと一緒にソフトバンクのスマホなどを利用している場合、月々のスマホ・ケータイ料金から毎月1,000円または500円が割引適用されます。

おうち割光セットでは、家族はもちろんルームシェア仲間も対象になるところが魅力的です。オプション加入は不要で、1つのソフトバンクエアーにつき最大10回線まで割引が適用されます。

乗り換え費用や月額料金などがキャンペーンでお得に!

ソフトバンクエアーでは、新規契約や他者からの乗り換え契約をお得にするキャンペーンが充実しています。

この項では3つのキャンペーンについてそれぞれご紹介します。

U-25限定 SoftBank Air 割引

1つ目のキャンペーンは「U-25限定 SoftBank Air 割引」で、25歳以下の人限定で通常月額料金4,880円のところを、24ヶ月間2,880円で利用可能になります。

さらに契約事務手数料も無料になるので、学生や独り暮らしの新入社員でも手軽に申し込めるのが嬉しいポイント。

注意点として、「SoftBank Airスタート割」や「スマホデビュープラン限定キャンペーン」とは併用できないこと、またairターミナルをレンタルする場合は別途で月々490円かかるため、支払い額が3,370円になる可能性があることが挙げられます。

SoftBank Airスタート割

次に紹介するのは、新たにソフトバンクエアーに申し込んだ人を対象に月額料金を580~1,080円割引するキャンペーン「SoftBank Airスタート割」です。

このキャンペーンの特徴は、おうち割光セット・おうち割光セット(A)に加入するか否かで割引額が変わるところです。

おうち割光セットに加入しない場合は12ヶ月間利用料金が1,080円割引となり、加入する場合は580円の割引となります。おうち割光セット・おうち割光セット(A)に加入する場合は、スマホ・携帯電話代がお得になるので、是非チェックしてみてくださいね。

あんしん乗り換えキャンペーン

最後に紹介するのは「あんしん乗り換えキャンペーン」で、その名の通り他社からソフトバンクエアーに乗り換えた人の違約金や撤去工事費を満額還元します。

キャッシュバック金は合計10万円までと、ほとんどの残債や工事費をカバーしてくれます。ソフトバンクエアーの課金開始から5ヶ月目までに証明書をアップロードするだけで適用されるため、難しい手続きは必要ありません。

速度が遅い時の5つの対処法

ソフトバンクエアーについて調べてみると、「使いやすい」と高評価の他に「遅い」という口コミも見たりしますよね。

実は、一口で「遅い」と言っても理由はさまざまでして、ここでは考えられる5つの原因と、その対処方法についてご紹介します。思ったような速度が出ないときはぜひ確認してみてください。

設置場所を変えてみる

ソフトバンクエアーで使用する電波は、光回線と比べると安定性に欠ける部分があり、障害物の影響を受けやすかったりします。

そのためAirターミナルを見て、電波ランプが1~2つしか点灯していないときは設置場所を変えてみると良いでしょう。

具体的には、窓際や床上1m以上の高い位置などに移動させてみたり、また、電波は壁に反射するため、壁から30cm以上離してみると改善する場合もあります。

有線接続してみる

Airターミナルの裏側を見ると長方形のケーブル差し込み口があります。

それはLANケーブル差し込み口というもので、機器と直接有線で接続することにより、速度や安定性が向上したりするケースがあります。LANケーブルは家電量販店などで購入できるので、試してみても良いかもしれません。

再起動してみる

意外と見落としがちなのが、ソフトバンクエアーそのものの電源を1度落とし、再度立ち上げる方法です。

Airターミナルを再起動させる際に、一緒にスマホやパソコンも再起動させてみると良いでしょう。ちなみにAirターミナルには電源ボタンがありませんので、コンセントを直接抜き差ししてくださいね。

機種変更する

もし最新機種のAirターミナル4ではなく1~3の旧タイプのAirターミナルを使っているならば、機種変更するだけで回線速度の改善や安定性が向上するケースもあります。

すでにソフトバンクエアーを利用している方へ向けて、2019年4月からは「SoftBank Air 利用者向け機種変更キャンペーン」が実施されています。契約事務手数料3,000円が無料になるので、リスクなく機種変更ができますよ。

クーリングオフ制度で無償解約する

上記の改善方法を試して思った程の速度が出ないときは、クーリングオフ制度で無償解約することも可能です。

厳密には、ソフトバンクエアーなどの通信サービスにはクーリングオフ制度は適用されませんが、「初期契約解除制度」という救済制度があります。

初期契約解除制度では、ソフトバンクエアーの利用開始日か契約書面を受け取った日のいずれかで、日付がより遅い方から8日間まで適用可能で、解約金や費用もかからず無償で解約することができます。

おすすめの申し込み窓口は高額キャッシュバックのNEXT

ソフトバンクエアーに申し込む際には、正規代理店から申し込むのがお得です。

ソフトバンクエアー 代理店

ソフトバンクエアー正規代理店の株式会社NEXT(ネクスト)は、Web代理店のなかでもとくに申請手続きが簡単で、キャッシュバック特典がもらえるまでの期間が早いところが特徴です。

NEXT限定で行っている「キャッシュバックキャンペーン」では、サイト内にあるお申し込みフォーム、あるいは電話で申し込んだ人に限り、最大30,000円のキャッシュバックを受け取れます。

キャッシュバックを受け取るための手続きは口座番号を伝えるだけと簡単で、利用開始後最短で2ヶ月後(遅くても3ヶ月後)に口座に振り込まれるのも嬉しいですよね。必須加入オプションもないので、「特典をもらうために加入したオプションを抜け忘れてしまい、意図せず課金されてしまった」というような心配もありません。

まとめ

ソフトバンクエアーについてまとめると以下のとおりです。

  • 工事不要で即日利用できる
  • Airターミナルは購入・レンタルでの契約が可能
  • 最大通信速度は962Mbpsで光回線とほぼ同じ
  • 新規申し込み・乗り換え共にキャンペーンが充実
  • ソフトバンクエアーの申し込みは代理店NEXTがオススメ

これらのことから、ソフトバンクエアーはリモートワークやオンライン授業のために今すぐWi-Fiが欲しいと考えている方にピッタリのネット回線と言えるでしょう。

また、ソフトバンク公式のキャンペーンはもちろん、代理店NEXTではオリジナル特典として30,000円のソフトバンクエアー・キャッシュバックキャンペーンも行っているので、よりお得に利用開始できますね。